ARP ホームページ制作
ウェブアプリケーション開発
アンケート調査
制作実績
ホームページ作成 アプリケーション開発 アンケート調査 制作実績
ごあいさつ 会社概要 リクルート リンク集 アクセスマップ サイトマップ
Tel:03-3666-0405 Fax:03-5652-3410 株式会社アープへのお問い合せ トップに戻る
連載

あなたはビルゲイツの試験に受かるか?
バックナンバー
ウェブアプリケーション開発

その109

世界の市場を理解しているか

前号へ
  次号へ

 金貨が8枚、パンが8斤、つまり金貨1枚でパン1斤と交換できるという極めて単純明快な状況のもとなら、パン3斤を持つA君と5斤を持つB君は、それぞれ金貨3枚と5枚を交換できるのに、その8斤のパンを3人で平等に分けたあとでは、直感的に想像する公平な金貨配分とは違った意外な結果となる前問でした。

 リソース、資源の配分という企業経営上の重要な課題の上で、投資など提供資源に見合うリターンを冷静に分析していける能力を見ようというのが、アメリカの大手IT企業やコンサルタント会社の面接試験内容でした。

 さて、今号の設問はどうでしょうか。それでは解説に移ります。

問題 設問109    世界にクレジットカードは何枚あるでしょう。

クレジットカード

 久しぶりのフェルミ問題です。このような設問を初めて体験される方は、荒唐無稽な問題として必ず“そんなのわかるわけがない”との第一印象を口にするのが常で、本連載の長い愛読者の皆さんも、その一番初めの体験ではそうだったはずです。

 もうご存知のように、フェルミ問題には正確な数値の解答があるわけではありません。したがってその数値自身を問題としているわけではなく、どのようにしてその概算値を推定していくか、その思考過程、プロセスを見ようとしているものです。

 これまで見てきたこのフェルミ問題には、連載その18ピアノ調律師の数、その21スケートリンクの氷の重さ、その29富士山を動かすのにかかる時間、その42ミシシッピー川の流水量、その58ガソリンスタンドの数、その65理髪店の数などがありましたが、いずれも解答に至るまでに展開される考え方、そのプロセスである思考過程を見ようとするものでした。

 このことを前提にして、本問に入ることにします。
まず本問を見て、最初に頭に浮かんだことはどんなことでしたでしょうか。おそらくは、お手持ちのいろんなカードのことを思い浮かべた皆さんも多かったのではないかと思われます。
雑多カード
 そのときずばり、VISAカードなどが頭に浮かんだ方もあれば、巷に溢れている他の類似カード、つまりキャッシュカードやプリペイカード、ポイントカードやデビットカード等々を思い浮かべた皆さんもあったかと思います。

 そしてそれらをごっちゃに考えて、ますます“そんなのわかるわけがない”との思いに拍車がかかった皆さんもあったかもしれませんが、そこで ごっちゃに考えた人は、この時点で面接試験はアウトになります。
 なぜなら、この問題はクレジットカードと言っていますので、そのクレジットカード自身をよく知らないということになるから
です。

 では本問を正しく理解し、また間違った見方で進まないためにもちょうどいい機会なので、ここでそれらの違いを簡単に見てみます。

キャッシュカード

 キャッシュカード
 キャッシュカードは銀行や郵貯などの金融機関などで口座を開設した際に発行されるカードで、キャッシュという名のとおり、ATMでの預貯金の入金・引き出し等に使えることから、預金者の誰もが持っているカードです。
 別名、預金の現金入出金用カードとでも言えます。

プリペイカード

 プリペイカード
 携帯電話の普及によって、今はあまり使われなくなってきていますが、以前、誰もが持っていたテレホンカードを連想していただくと分かり易いと思います。
 このカードは、事前に一定額のお金を支払って購入するもので、プリペイの名のとおり、前払いが前提となるカードです。

 近年では交通機関のSUICAカードやPASMOカードがプリペイカードです。最初の購入はテレホンカードと同じですが、それと違うところは使い捨てではなく、残額がなくなったら、券売機に現金を入れてチャージし、再び使用できる点です。それらはすべて前払いということです。

ポイントカード

 ポイントカード
 以前、店の顔なじみの客には割引やおまけといったサービスが行われていましたが、それを定量化、システム化した形態と言えば分かり易いかもしれません。
 買い物などの際に、一定金額ごとにポイントが付くカードで、そのポイントをのちの買い物の値引きに使用したり、特典に交換したりできるものです。
 お客の購買状況が詳細に記録に残るので、店側の商品発注や商品開発・企画にも重要な情報源としての役割を果たすことにもなります。

デビットカード

 デビットカード
 商品の購入やサービスを受けた際に決済する手段の一つで、口座から即座に代金が引落される「即時決済型」のカードで、また0.5%のキャッシュバックなどが付きます。
 しかしこのカードは、預金残高の範囲内でしか買い物ができません。でも、それも一長一短で、使い過ぎを避けることができます。

クレジットカード

 クレジットカード
 商品の購入やサービスを受けた際に決済する手段の一つであるところは、デビットカードと同じですが、即時決済型と違って、後払い、つけ払いができるとろが大きな特徴です。
 またCreditの意味する信用・信頼が示すとおり、このカードの発行に際しては、身元がしっかりしていて収入があることが前提で、金融機関のローンや他社クレジットカードの利用履歴・返済情報・延滞の記録、金融事故情報などを含めた総合審査があります。

 VISAなどは長い歴史があることから世界的に廣く普及し、そのため各国の金融機関の多くがVISA、Master Card、JCB、American Express、Diners Clubなどの国際ブランドカード会社と提携し、その決済をこれらブランドにゆだねています。
 VISAはもちろんのこと、多くの皆さんは日常どこかで、下のようなそれらのロゴを目にされているはずです。 カード会社ロゴ

 以上、問題を解いていく上で、必要上、各種カードの簡単な違いとともに、クレジットカードの特性を見ていただきましたが、これらのことを念頭において面接官と会話するだけでも、その理解度の観点から彼らによい心証を与えることは確かです。
 ときにはこのようなやりとりも役に立つことを覚えておいたほうがいいでしょう。

 それでは本題に入ります。
 過去の設問のピアノ調律師の数や理髪店の数もそうであったように、 この設問の一番のベースとなるのは、人口です。
 したがって出発点として、おおよその世界の人口数を把握していないとアウトです。フェルミ問題には人口がベースになるものが多くありますから、少なくとも6大陸の数値や代表的な国の、おおまかな人口くらいは知っておくことが大切です。

6大陸のおおよその人口

 では、世界の人口を約70億人とします。 次にカードを持つ人ということで、この人口を絞っていくわけですが、その大きな区分けとして、地域と年齢が考えられます。
 買い物やサービスの支払いにクレジットカードを使える加盟店がないと、カードを持っている意味がありませんから、国の市場や経済、そして政情の安定性も考慮しなければなりません。

 そこでアフリカや中近東の政情不安定地区やアジアや南米の農村・遊牧地区、さらに世界の貧困層を除いて、資本経済の進んでいる国や地域の人口を約4割とすると、70x0.4=28億人が、まず最初の絞り込み人口です。

 次に年齢の区分けです。収入がないとカード発行の審査をパスできませんから、お年寄りの年金も含め、18歳以上をその対象としますと、この28億人の中のおおよそ4分の3、つまり28x3/4=21億人を有資格者と仮定します。

 この21億人はあくまでも対象になる仮定数であり、その中にはクレジットカードを持たない人もいれば、信用などで持てない人もいて、それらの人が3分の1いるとすると、7億人がカードを所持していないことになります。
 つまり全世界でクレジットカードを持っていると思われる人口は、21-7=14億人と出ます。

 ただし、これで終わったらアウトです。1人で銘柄の違うクレジットカードを複数枚持っている人が多いからです。
 1人でカードを10枚持っている人もいれば、1枚だけの人もいます。平均して1人あたり3枚のカードをもっていると仮定すると、世界にクレジットカードは14x3=42億枚。きりのいいところで、約40億枚ほどあると想定できます。

 そこで検証です。月刊 消費者信用(2011年9月号)や日経情報ストラテジー(2011年10月19日)によれば、5年前の2010年末現在の会員数は、
 VISAカード      180,800万人
 Mastersカード      97,500万人
 JCBカード      6,926万人
 American Expressカード      9,100万人
 Discoverカード      5,000万人
 銀聯クレジットカード      21,000万人
 となっており、合計 320,326万人ほどで、この2010年末時点で約32億枚のカードが所持されていたことになります。

 この中のDiscoverカードというのは、アメリカの百貨店・Searsが、保険会社・証券会社・信託銀行などを傘下に入れ、金融サービス事業を開始したもので、その後、世界的な金融機関グループであるモルガン・スタンレーの傘下に入っています。

 また銀聯クレジットカードとは、中国の中央銀行である中国人民銀行が中心となり政府主導で設立された銀行間決済ネットワーク用のカードで、同国の銀行の多くが加盟しているものです。

 上記の統計から5年経った2015年のカード枚数を推定しますと、新規加入者の自然増や、また経済成長が著しく人口が14億人もいる中国の銀聯クレジットカードは、さらに増加していると予見できることなどから、40億枚という数字はいい線をいっているのではないかと思われます。

 この設問はフェルミ問題ですから、正確な数値そのものを出すことを求めているわけではなく、あくまでも結果を算出するまでの思考プロセス、算定道筋、どのような考え方で進めていくか、その思考過程・プロセスが理にかなっているかどうかを見ようとするものです。
 したがってその出題背景は、概算値を出すために必要なデータや情報を最初からしっかりと持っていて、「こうだからこう考えた」という説得力のあるロジックを冷静で、かつきっちりと展開していける資質の持ち主かどうかを見ようとしているものです。

 それでは設問109の解答です。


正解 正解109  世界の人口を約70億人とする。まずその中で、国の市場や経済状況、そして政情の安定性も考慮し、アフリカや中近東の政情不安定地区やアジアや南米の農村・遊牧地区、さらに世界の貧困層を除いて、資本経済の進んでいる国や地域の人口を4割とすると、28億人が、まずはカード所持の可能性のある人口として残る。さらにその中で年金も含めて18歳以上の収入生活層がおおよそ4分の3を占めるとすると、28x3/4=21億人が有資格者となる。この中にはクレジットカードを持たない人もいれば、信用などで持てない人もいて、それらの人が3分の1いるとすると、その7億人が除外されて、結果、全世界でクレジットカードを持っている人口は、おおよそ21−7=14億人。しかしこのうち、1人でカードを10枚持っている人もいれば、1枚だけの人もいるので、平均1人あたり3枚のカードを持っていると仮定すると、14x3=42億枚。したがって世界にあるクレジットカードの枚数は、きりのいいところで、約40億枚

 では、次の問題の出題背景を考えながらやってみてください。これはグーグル社の面接試験問題です。


問題 設問110  5レーストラックが1つしかないところで、25頭の馬の中から速さでトップ3を選ぶことになった。この3頭を決めるには最少で何レースが必要になるか。どの馬も常に一定の実力で走るが、そこにはタイムを測る計器はない。

前号へ   次号へ


 ビル・ゲイツの出題問題に関しては、HOW WOULD YOU MOVE MOUNT FUJI ? (Microsoft’s cult of the puzzle. How the world’s smartest companies select the most creative thinkers. )By William Poundstore の原書や、筆者の海外における友人たちの情報を参考にしています。
 また連絡先不明などにより、直接ご連絡の取れなかった一部メディア媒体からの引用画像につきましては、当欄上をお借りしてお許しをいただきたく、よろしくお願い申し上げます。


梶谷通稔 【執筆者】  梶谷通稔 - かじたに みちとし
岐阜県高山市出身 早稲田大学理工学部応用物理学科卒

元 :   米IBM ビジネス エグゼクティブ
現在: (株)ニュービジネスコンサルタント社長
    日本IBM  GBS 顧問
    東北芸術工科大学 大学院客員教授
    (株)アープ 最高顧問
 講演・セミナー・研修・各種会合に (スライド9125枚とビデオを使用)
 コンピューター分析が明かすリクエストの多い人気演題例
 (参加者層に応じてミックス可) (各1~2時間)
  ・ビジネスの「刑事コロンボ」版。270各社成功発展のきっかけ遡及解明
テレビ出演
  ・不況や国際競争力にも強い企業になるには。
   その秘密が満載の中小企業の事例がいっぱい
  ・成功する人・しない人を分けるもの、分けるとき。
  ・もったいない、あなたの脳はもっと活躍できる!
  ・こうすれば、あなたもその道の第一人者になれる!
  ・求められるリーダーや経営者の資質。
  ・栄枯盛衰はなぜ起こる。名家 会社 国家衰亡のきっかけ。
  ・人生1回きり。あなたが一層輝くために。
  ・どう変わる! インターネット社会


 出版:
  1988年  『企業進化論』 (日刊工業新聞社刊) ベストセラー
  1989年   『続・企業進化論』 (日刊工業新聞社刊) ベストセラー
  2009年   『成功者の地頭力・あなたはビルゲイツの試験に受かるか』 (日経BP社)

 連載:
  1989年 - 2009年   『徒然草』 (CSK/SEGAの全国株主誌)
  1996年 - 2003年   『すべてが師』 (日本IBMのホームページ)
  1995年 - 進行中   『あなたはビル・ゲイツの試験に受かるか』 (Web あーぷ社)

※この連載記事の著作権は、執筆者および株式会社あーぷに帰属しています。無断転載・コピーはおやめください。

Page top