ARP ホームページ制作
ウェブアプリケーション開発
アンケート調査
制作実績
ホームページ作成 アプリケーション開発 アンケート調査 制作実績
ごあいさつ 会社概要 リクルート リンク集 アクセスマップ サイトマップ
Tel:03-3666-0405 Fax:03-5652-3410 株式会社アープへのお問い合せ トップに戻る
連載

あなたはビルゲイツの試験に受かるか?
バックナンバー
ウェブアプリケーション開発
その24:奇抜で斬新な発想
前号へ
  次号へ

 なぜビル・ゲイツはパズルによる面接をするのか。前設問でおわかりのように、それはパズルの内容によって、応募者の枠にとらわれない独特の創造的発想や緻密な論理的思考を見ることができるだけでなく、制限時間内に面接という緊張した中で難問を解かなければならない条件は、納期や締切りに間に合うようストレスのかかる中で順次道順を追って仕事を完成していかねばならないビジネス界のプロジェクトとまったく同じで、競争社会の中で勝負にこだわり、常に熱意とハングリー精神で日常突発する難題にねばり強く取り組んでいくやる気に満ちた資質といった、そこで必要な応募者の実行力・行動力があるかどうかをも見ることのできるからでした。
 また面接で、個人の年齢や体重、配偶者のことや子供の有無、家計状況、人種や宗教、選挙に行くかなど政治に関すること、性的嗜好とか飲酒嗜好、慈善活動暦や前科の有無について聞くことが法律で禁止されている訴訟社会のアメリカでは、少しでも公平さに疑念をいだかせるような面接は、あとでトラブルの元になるため、パズルの持つ単純明快さと公平感という観点からもパズル面接というスタイルを取っているわけです。

 それでは今回の設問はどうでしょうか。

問題 設問24 ビル・ゲイツの浴室を設計するとしたらどうしますか。

 あなたが面接でいきなりこんな設問を受けたとしたら、どんな反応をしますか。これまで23個の設問を見てきましたが、それらは数学的に、あるいは物理的に、または最初に何らかのとっかかりや手がかりがあって、それに基づき「問題を解いていけば解に至る」というものでした。

 ところが今回の設問はそれらの内容とはまったく違って、まずはその表現自体から何かつかみどころのない漠然とした問いであるとの印象を受けます。さらにその回答を予想したときに、いろんな観点から見た各個人別の応答の仕方があると思われ、これが唯一の正解だと言えるようなものはないのではないかとの疑問がわいてきます。

 しかし実を申しますと、まだ皆さんには紹介していないだけで、この類の設問は他にもたくさん出題されているのです。ですからおそらく戸惑われると思われるのは皆さんだけで、過去に出題されたあらゆる設問をそれなりに研究して面接に臨んでいる応募者たちは、そんなに驚くことはないということです。

 以降、この類の設問を順次紹介していきますが、まずは設問の主旨をしっかりと理解する必要があります。とは言うものの、設問の日本語訳自身があいまいなのでは、と思っている方もいるかもしれませんので、ここで出題されたなまの英文をご紹介します。それは 
 How would you design Bill Gates’s bathroom ?
です。誤訳はしていないつもりです。しかしわれわれ日本人が注意しなければならないのは、西洋で浴室と言っている表現がお風呂やシャワー施設そのものだけではないということです。洗面所やトイレなども含めてBathroomと言っていることです。その意味で以下、バスルームという表現でいきます。

 さて、この中にwillではなくwouldというワードが使われています。これは、もしもあなたが本職の設計業者・当事者の立場になって依頼されたとしたら、との強い仮定の意味が込められています。
 つまり、応募者は業者としてのビジネスのステップを踏んで、設計の提案をしなければならないということです。その意味で、まず最初に予算や納期、そしてビル・ゲイツの希望などを聞きださないと、まずはハネられてしまう可能性が高いことになります。筆記試験ではなく、そのための面接の場なのです。

 さらに当の設計案として、「ビル・ゲイツが気に入るようなバスルーム」ということはもちろん重要な要件の一つですが、ここで見抜かねばならないのはマイクロソフト社のビジネスも考慮に入れた提案が、暗に期待されているのだろうということです。
 もしもバスタブや洗面所あるいはトイレのデザイン、また化粧品やサニタリー用品も含めたもろもろの配置などを効率よく考えた、あるいはみばがよいというようなバスルームの設計案に終わるとしたら、それはしごく当たり前で、わざわざマイクロソフトの応募者に質問する意味がありません。

 バスルームについてはもちろんですが、それが防犯から快適な生活まで、家中がきめ細かく集中管理されているようなコンピュータ技術を駆使した案にまで考えがおよんでいるアイデアであったなら、それはそのままマイクロソフト社の大きなビジネスにもなり得る可能性があります。ですから、もしもこのような分野にまで思いが至っている案ならば、すでに合格圏内に入っていると言ってもいいわけです。

 実は、この設問が出された時期は1990年代であり、昨今のビル・ゲイツの家では、すでにかなりの電子化が進んでいます。ですから今日、この設問を受けるとすると、さらにそれを上回るような斬新なアイデアを反映した設計案が求められることになります。
 それではまず、居を構えるようになった現在の場所から昨今の家屋の状況まで、これまでに集めた情報でざっと見てみましょう。

 今から20年前の1988年、彼はシアトルにあるワシントン湖のほとりの土地を、当時200万ドル(約2億4千万円)という価格で購入し、7年かけた1995年に一応おおかたの建築を終え、完全に完成したのは1997年でした。
 敷地面積は5.15エーカー(約21000m2)で、実際の縦横の長さとは違いますが、100mx200m相当の敷地面積を想像していただくとその広さかげんがわかります。そのうち母屋の家屋部分は4600m2、ガレージや離れ家は1472m2です。建物は外観写真からもわかるように、ガラスと組み合わせた東洋的な木造建築です。

 2005年度の土地と家の推定価格は1億2千500万ドル(約150億円)、年間の資産税は99万ドル(約1億2千万円)。そこには世界で唯一つしかない「レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿」が置いてあるはずです。そこで妻と3人の子供と4人で暮らしています。

 ビル・ゲイツ家では、可能なかぎりの電子工学が駆使されています。
 まず、表門のずっと手前で車が敷地に近づくとセンサーが作動して、車が門のところに来るまでには完全に開いて通れるようになっています。
 そして生物個体が持つ特性によって人物を認識する技術、バイオメトリクスが取り入れられていて、データーを登録済みの訪問客ならば、瞳・虹彩によって識別されます。守衛のいる玄関でまずチェックを受け、そこでマイクロチップが渡されます。

 このマイクロチップには予め登録されている訪問客の好みのデーターなどが入っていて、そのチップからは常時シグナルが発信され、行くところどころで、換気をはじめ好みの室温や音楽など、訪問客に合わせた諸々の条件が家中で満たされるようになっています。
 完備された音響設備によって、プールの底からさえも好みの音楽流れるようになっていて、訪問客はいつも心地よい時間が過ごせるように配慮されており、また、屋内はもちろん、私設車道や歩道の至るところが床暖房で完備されています。

 セキュリティの観点から、誰がいつどの部屋に入ったかわかるのは、このチップによってだけでなく、必要なときは、訪問客から見えないよう壁や庭木などいたるところに埋め込まれたカメラとマイクロソフト社の構内とつながっているモニターによってもわかるようになっています。また床に埋め込まれたセンサーによって、その足跡を追うこともできるようにもなっているようです。

 ホームシアターとは別に、レセプションルームには壁一面に広がる大きな平面ディスプレイがあって、このディスプレイが数々の催し物の演出道具として使われています。
 シンプル感を大事にするゲイツは、多くのドアをそれがドアだと気づかないくらいに壁と調和させて作らせているのですが、実は当初、家中いたるところの壁に平面ディスプレイを設置し、それに常時木目の画像を映し出して本来の木造部分と合体させることにより、そこにディスプレイがあるとはわからなくするというアイデアを持っていました。しかしそれが実現できず、結局は大工さんを呼んで、ディスプレイを覆う木製のスライド式パネルを作らせたという経緯があります。

 電子化されているこのような家の中に張り巡らされた通信用光ファイバーケーブルの長さは64km、敷地内の建物全体では総延長85kmにも及ぶようですが、ごちゃごちゃを嫌う彼はすべての配線を外から完全に見えないところに収納しています。また訪問客は電気のコンセントすらも見い出せないようで、床下か壁のどこかに収納されているものと思われます。
http://video.google.com/videoplay?docid=8431004719814226551&hl=en
 のサイトからは、バーチャル映像によるゲイツ家巡りができます。

 さて、バスルームに関係した電子化といえば、ゲイツが車から支持を送れば、好みの温度で浴槽に湯を張っておけるようになっています。日本でも携帯電話からお風呂沸かしの指示を出すことができるようになっていますが、ゲイツ家ではすでに2001年頃にできていたようです。

 そこでバスルームの設計についてですが、いろいろな案が考えられます。バスルームとは家の中で唯一おおっぴらに裸になれる場所です。つまり自分の身体を存分にチェックでき、またリラックスできる空間でもあります。もちろん予算や納期を考慮に入れなければなりませんが、しかしそれがエコロジーと健康管理も考慮されているような奇抜で斬新なアイデアであったなら、ビル・ゲイツ個人を満足させるだけででなく、マイクロソフトの将来のビジネスポテンシャルにもつながるものとして、文句なしに試験をパスできるでしょう。

 年齢や身長のデーターを入れて素足でハンドル付きの台の上に乗ると、体脂肪や内臓脂肪などのわかる器具がすでに市販されていますが、例えば器具とコンピュータとの組み合わせで、そのときの健康状態の主要項目を全部表示してくれるような総合健康管理システムの提案などが考えられます。
 このシステムは主治医や薬局あるいは病院ともネットワークでつながっており、予防から薬の補充指令、診察の予約や緊急の警告まですべて自動的におこない、「健康管理はおまかせ」とういシステムです。便座を利用した健康管理システムも考慮点の一つでしょう。
 カロリー計算によるバランスのとれた食生活を推進するため、冷蔵庫の中身と連動した総合健康管理に組み込まれたシステムの提案というのもあるでしょう。

 また、シャワー室や風呂場では水や水蒸気があるため、パソコンの操作は無理です。しかし、そんな中でも操作可能な音声稼動式ソフトによる、壁と一体となったミニコンピュターをハードメーカーとのタイアップで開発したシステムの提案も考えられます。
 リラックスした風呂の中でしか思いつかないようなアイデアを記録できるだけでなく、必要ならば世界のスタッフへの指示もその場で即座にできます。

 また、浴室そのものの案として、われわれにはありきたりでも先方にはない岩盤浴場の提案もあります。ただし、ジャグジーやジェットバスといった提案はポピュラーすぎて、たとえ露天にしたとしても却下されるでしょう。

 いずれにしても、当設問の背景は「発想の豊かさ、奇抜さ、斬新さ」を見ようというものです。したがって、回答は千差万別になりますが、提案のどこかにこの「発想の豊かさ、奇抜さ、斬新さ」で光るものがあれば合格のようです。

 それでは解答です。


正解 正解24 そのときのビル・ゲイツ家に取り入れられている電子工学技術を考慮に入れ、予算や納期などを聞いた上で、上記にあげたような奇抜で斬新なアイデアを提案する。

 それでは、またその出題背景を考えながら、次の設問をやってみてください。

問題 設問25

4枚のカードがある。「その一方にアルファベットの母音が書いてあれば、裏には偶数の数字が書いてある」という規則を確かめるために、めくらなければならないカードはどれか、特定せよ。






前号へ   次号へ


 ビル・ゲイツの出題問題に関しては、HOW WOULD YOU MOVE MOUNT FUJI ? (Microsoft’s cult of the puzzle. How the world’s smartest companies select the most creative thinkers. )By William Poundstore の原書や、筆者の海外における友人たちの情報を参考にしています。
 また連絡先不明などにより、直接ご連絡の取れなかった一部メディア媒体からの引用画像につきましては、当欄上をお借りしてお許しをいただきたく、よろしくお願い申し上げます。


梶谷通稔 【執筆者】  梶谷通稔 - かじたに みちとし
岐阜県高山市出身 早稲田大学理工学部応用物理学科卒

元 :   米IBM ビジネス エグゼクティブ
現在: (株)ニュービジネスコンサルタント社長
    日本IBM  GBS 顧問
    東北芸術工科大学 大学院客員教授
    (株)アープ 最高顧問
 講演・セミナー・研修・各種会合に (スライド9125枚とビデオを使用)
 コンピューター分析が明かすリクエストの多い人気演題例
 (参加者層に応じてミックス可) (各1~2時間)
  ・ビジネスの「刑事コロンボ」版。270各社成功発展のきっかけ遡及解明
テレビ出演
  ・不況や国際競争力にも強い企業になるには。
   その秘密が満載の中小企業の事例がいっぱい
  ・成功する人・しない人を分けるもの、分けるとき。
  ・もったいない、あなたの脳はもっと活躍できる!
  ・こうすれば、あなたもその道の第一人者になれる!
  ・求められるリーダーや経営者の資質。
  ・栄枯盛衰はなぜ起こる。名家 会社 国家衰亡のきっかけ。
  ・人生1回きり。あなたが一層輝くために。
  ・どう変わる! インターネット社会


 出版:
  1988年  『企業進化論』 (日刊工業新聞社刊) ベストセラー
  1989年   『続・企業進化論』 (日刊工業新聞社刊) ベストセラー
  2009年   『成功者の地頭力・あなたはビルゲイツの試験に受かるか』 (日経BP社)

 連載:
  1989年 - 2009年   『徒然草』 (CSK/SEGAの全国株主誌)
  1996年 - 2003年   『すべてが師』 (日本IBMのホームページ)
  1995年 - 進行中   『あなたはビル・ゲイツの試験に受かるか』 (Web あーぷ社)

※この連載記事の著作権は、執筆者および株式会社アープに帰属しています。無断転載・コピーはおやめください。